本文へジャンプ
(一社)日本葡萄酒革進協会の活動理念

 ワインは基本的に葡萄のみから何も足さず何も引かずに作られる嗜好性の飲み物です。従い、「品質の高い美味しいワインは、質の良い醸造用葡萄からのみ生産できる。質の良い醸造用葡萄は、栽培される土地の気候や地質の影響以上に、栽培家の情熱と努力によってが出来上がる。そのうえで、醸造家が腕を振るうことが出来る。」 と私たちは考えています。

 ワインは、フランスのボルドー、ブルゴーニュ、ロワールや、アメリカのナパ、ソノマ、コロンビアバレー、あるいはイタリアのピアモンテ、トスカーナ、シチリアのように、地域の名前で大別され、その地域の産物として語られることが多い飲み物です。この点に蒸留酒や日本酒との違いがあると言えるでしょう。

 その理由は、夫々の地域の気候や土壌条件に加えて、夫々の地域でのブドウ栽培とワイン醸造への取組の努力が、それそれの地域の食文化とも相まって、地域文化として熟成され、産業に育ってきたからではないでしょうか?

 日本でも山梨、長野といった従来のワイン産地に加えて、北海道から九州まで日本の津々浦々でワイン生産の試みが始まっています。日本においても、質の良い醸造用葡萄の栽培に拘り、品質の高い日本ワインの醸造を行うことで、日本の愛好家だけではなく、世界の愛好家ら「日本ワインなら、日本の○○地方のワインが好きだ。」と評価されるようなワイン生産を目指すことは不可能ではない と考えているのです。

 (一社)日本葡萄酒革進協会ではこのような考えの下に、果樹生産が盛んながら、これまであまり醸造用葡萄の栽培に取り組んでいなかった「福島県」、特に東日本大震災さによる地震・津波に加えて原子力発電所の事故による被災からの復興が未だ厳しい状況にある「浜通り」地域に着目し、その地域で、質の良い醸造用葡萄の栽培を始め、品質の高いワインを生産することを核として、新たな地域文化を創造し、併せて地域経済を支える新たな農業や関連産業の実現を目指して 活動を始めました。

  

 その上で、ワインを核とする各種六次化産業の育成にも取り組み、併せて、その産業を担う人材の育成を手掛けることで、「フクシマ」が近い将来に新興のワイン産地として語られる日が来ることを目標として、「ふくしまワインベルト」の構築に取り組んでいます

 具体的には、2020年に、福島の浜通りから、復興の旗艦となる日本ワインの出荷を目標として、双葉郡川内村上川内大平地区で、2016年春から醸造用葡萄の試験栽培を開始し、2017年春から本格的な醸造用葡萄の栽培をおこなうことを計画しています。

 その実現のために、葡萄栽培とワイン醸造の技術に関して世界において評価されている日本ワインを生産されている中央葡萄酒株式会社の協力を得ること、また気象条件や土壌条件については山梨大学ワイン科学研究センターの指導を受け、更に、地域経済の復興について福島大学の指導を受けることが出来る体制を確立致しました。
   (C) Copyright 2016-2020 JWIS All Rights Reserved