本文へジャンプ
圃場の整備と開拓
福島県双葉郡川内村大字上川内字大平
2016年3-4月

 0.65ヘクタールの圃場を開墾し、醸造用葡萄新種の苗木を2100本植栽しました。
 ボランティアを含めて延べ250人で植樹しました。


 約95%が活着し2m以上に育ちました。

 今後
シャルドネ、カベルネソーヴィニオン、メルローを中心に更に植栽を行い、葡萄栽培を進めることになりました。

 2017年春には、約2.3haの圃場を追加開墾し、約8000本の苗木を植栽することができました。。
  
平成28年4月ボランティアの皆さんと  平成28年7月 夏場の草刈
平成27年度の開墾・植栽は、平成27年度復興庁「新しい東北」の事業として実施されました。

          平成29年4月  約7800本を追加植樹
 

 平成29年4月ボランティアの皆さんと

福島県双葉郡冨岡町、福島県伊達市梁川町二野袋
2016年3月
 
 有志の個人所有の畑、土地にも植栽しました。
 夫々5−6aで、150−200本の苗木を植栽しました。す。


             植苗直後の圃場


             植苗直後の圃場

   (C) Copyright 2016-2020 JWIS All Rights Reserved